VINYL7 RECORDS BLOG

« 買い付け中です

vinyl7records.com

7/23からonline shopをリニューアルしました。

 

以前まで運用していたvinyl7.netにあった商品カタログは全く引き継がず、こちらのvinyl7records.comでほぼ0からのスタートです。ちなみにvinyl7.netのほうは今年11月いっぱいくらいまでの運用になるかと思います。

 

vinyl7.netの運用開始が2005年8月でした。今年2019年ですからもう14年経ってました。

 

14年も経つと世の中変わりますね。例えば当時はPCやCDを用いてのDJはまだまだ少なくて、DJと言えばアナログレコードを使ってやることが主流だったように思います。

 

そのへん考えると当店で売れる商品の種類も随分変わったわけです。そのまんまでやってたら赤字ですよ。正直、赤字を出したことはありますけどもなんとかそうした「変化」にもついていきながらうまくやってきたつもりです。

 

…すいません。商品が売れるとか売れないとかは完全にこっちの話ですね。そんなことはどうでも良いんです。せっかくonline shopが変わったので、今後当店としてどうして行きたいのかを書いておきます。

 

膨大な商品が入っていたvinyl7.netを引き継がなかった一番の理由は「商品コメントを書き直したくなった」これに尽きます。

 

音楽ソフトを扱うお店としては常々思うことなんですが、みなさんの大事なお金をいただいて商品をお渡しするからにはやっぱりそのレコード自体に興味を持っていただきたいわけです。良いレコード、おもしろいレコードだと思ってお買い上げいただきたいわけです。

 

いや、もうなんなら買わなくても良いです。うちのサイトのコメント読んだり、ジャケット眺めたりしてYouTubeで聴いてくれるだけでも構いません。

 

 

インターネットの発達で情報が溢れて便利な世の中だとかなんだとかってよく言いますよね。

 

個人が「既に知っていること」を頼りにして、さらにその先に進むようなことをするのにインターネットは大変向いていると思います。しかし、何にも知らないとこから知識を得るのはなかなか難しいとも思います。

 

これ、少し前まで雑誌やテレビ、ラジオが一番得意としていたことだと思います。例えば雑誌であればお目当ての記事の横にちょっと書かれていた記事から新しい世界が広がった。みたいなことはよくあったような気がするんです。

 

個人的な経験だと「大人の世界(当時の自分にとっては女性の裸)」を目当てに見ていたテレビの深夜番組でBeastie Boysを知ってしまった。とか。そういうこともあって良いかと。

 

 で、うちのサイトでコメント読んだり試聴したりジャケット眺めたりして欲しいってのはそういうことなんですよ。正直言ってDiscogsに書いてあるような情報をそれっぽくコメントに落とし込んだ程度のコメントも多いんですけどね。それでも「読んでなんとなく楽しめるコメントが書けたら良いな」「新しく聴きたい音楽ができたら良いな」ってとこは新しいonline shopをやる大きな動機になっています。

 

で、レコードに興味が湧いて、どうしてもその商品が欲しくなったらお買い上げください。ちなみに商品写真や試聴ファイルは全て現物からのものです。商品詳細で見たり聴いたりしたものをそのままお届けします。

 

今後とも何卒よろしくお願いいたします。

VINYL7 RECORDS 松本

 

 

 

« 買い付け中です